お知らせ
遠赤外線・近赤外線、結局どっちが良いの?

前回の【マメ知識①】で、赤外線には遠赤外線・近赤外線、そして中赤外線がある、という説明をしました。また、少しだけですが、ヒーターの種類によって遠赤外線を放射するものや、近赤外線を放射するものなどがある、という説明もしました。

では結局のところ、遠赤外線ヒーターと近赤外線ヒーターでは、どちらが良いのでしょうか?
今回は、もう少しこれらの違いを掘り下げてみたいと思います。

まずは、下の比較表をご覧ください。

項目
遠赤外線ヒーター
近赤外線ヒーター
備考
ヒーターエレメント(素子)の発熱温度
600 ~ 900℃
2,000 ~ 3,000℃
温度が高いほど、後述する電気からのエネルギー変換効率や、まぶしさが増加します。
電気⇒放射熱 へ変換するエネルギー変換効率
約 60 ~ 70%
約 90%
 
人体への熱吸収率
(暖房効果)
約 60 ~ 70%
約 30 ~ 40%
近赤外線は、金属への熱吸収率が優れている
可視光量
少ない
(まぶしくない)
多い
(まぶしい)
 
電源投入から発熱するまでの起動時間
約 10 ~ 60 秒
約 1 秒
 
電源投入時の突入電流
小さい
大きい
(ブレーカが上がる可能性がある)
多くの近赤外線ヒーターの素子で使用されているタングステンは、常温では抵抗値が低いため突入電流が大きくなる傾向があります。
そのため、小容量のヒーターをご使用して頂いた方が良い場合があります。
加熱バラツキ
小さい
少しある
近赤外線は黒色に近い部分に熱が集中する傾向があります。
用途
数十分~数時間の暖房時間で、広めの局所暖房

テラス席など
数分~数十分程度の短時間で、狭い範囲の局所暖房

トイレなど
 

いかがでしょうか?
近赤外線では、電気からのエネルギー変換効率としては 約90%と高い効率なのですが、人体への熱吸収率は低く、同じ量の電気エネルギーとした場合、遠赤外線ヒーターと近赤外線ヒーターは、暖房効率としては、最終的には同程度ということになります。
但し、近赤外線は、まぶしさの問題や突入電流の懸念より、小容量のものとなる傾向があります。この特性と、起動時間が非常に速いという点から、当社ではトイレなどでの特に限られたスペースでの局所暖房として検討いただくことをお勧めします。
対して遠赤外線は、近赤外線よりも優れた暖房効果であることなどから、局所暖房 全般的にご利用いただけます。

お客様の用途に応じて、ヒーターを選択する、ということになりますが、その際にはぜひこのページを参考にしてください。